小売DX成功の近道は、システム専門家が現場を知るより現場を知る人がデータを学ぶこと

DXの必要性が浸透し、実際にビジネスの変革に取り組む企業も増えてきた中、業界ならではの壁も見えてきた。 本稿では、小売業界の現状に迫る。小売は世界で2600兆円、国内でも120兆円を超える一大業界だ。かつて「小売を破壊する」と言われたアマゾンジャパンですら、売上額は2.5兆円(2021年)にすぎない。 しかし業界の日々のオペレーションを支える「経験と勘」は単純にシステム化できず、現場は疲弊し、人手不足で新しいことに挑戦する余裕もない……と、課題が山積みだ。 小売企業を含む500社以上にAI研修を提供する、キカガクの西沢 衛副社長と、同社の技術顧問として活躍し、AIリテール協会のテクニカルアドバイザーも務めている今村 修一郎氏に、小売業界のリアルと生き残る術を聞いた。

Speaker

取締役副社長

西沢 衛 氏

海外ベンチャー企業で新規事業部責任者として、様々なサービスの立ち上げに従事。2018年にキカガクに参画し、2019 年に執行役員兼新規事業部責任者に就任。 Microsoftやリテール AI研究会の認定トレーナーとして、様々な機械学習に関する研修を担当。オンライン学習プラットフォーム「キカガク」の共同開発責任者。 2021年より取締役副社長に就任。

会社名

事業内容

キカガクは、50,000人以上の受講生、多種多様な業界業種500社以上の法人様にAIをはじめとしたDX研修を提供しています。企業様の課題をヒアリングし、現場の実データを使用したカスタマイズ研修含め、DX推進の課題解決を行っています。

本社所在

東京都渋谷区神南 1-9-2 大畠ビル202号室

テクニカルアドバイザー 兼 株式会社キカガク 技術顧問

今村 修一郎 氏

マイクロソフト認定システムエンジニアの資格を日本最年少で取得。 大学卒業後 P&G ジャパンにて、ビックデータ分析や機械学習関連の開発に従事し、分析チームでは日本人初の管理職に昇進。 2017 年に一般社団法人リテール AI 研究会に参加し、テクニカルアドバイザーとして IT 技術を駆使した小売流通業の改革に取り組んでいる。 2021 年より今村商事株式会社の代表取締役に就任。消費流通業界全体のデジタル化の推進を支援。

会社名

事業内容

リテール分野におけるAIテクノロジー活用に関する調査、研究および提言 〈主な取り組み分野〉 1)小売り店舗におけるカテゴリーマネジメント分野 2)商品・サービスにいけるマーケティング分野 3)商品・サービスの研究開発分野 国、地方公共団体、企業その他の団体および個人からの研究受託 講演会、研究会、シンポジウム、イベント等の企画/実施/運営 刊行物、図書等の出版 その他

本社所在

〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル SPACES内

ウェビナーに関するアンケート

ウェビナーにはどのくらい満足されましたか?

ご自身のお仕事との関連性や、仕事に役立つ部分はありましたか?

ウェビナーの内容に関するご質問やプロダクト/サービスに対する問い合わせはこちらにご記入ください

AI関連メディアLedge.aiのレッジが運営する
「Technology×Business」の動画プラットフォーム

© Ledge, Inc. All Rights Reserved.